代表挨拶

一般企業で多くの企業様、多くの方々と関わり、様々な経験をして参りました。そして、教育業界で、さらに沢山の出会いをさせて頂きました。その中で、見過ごすことのできない出会いも多くありました。それが、ひきこもりの方・不登校の方々です。「学校に行けない」「社会に出て行けない」というだけで、ある種のレッテルを貼られ、苦しい思いをしている方が沢山見てきました。「不登校・ひきこもり」という分類が始まった時から、偏見の目で見られ、更に苦しい状況に強いられた方も多くいます。時代の移り変わりにで、年々そういった方々が増加している事も事実です。日本もまだまだ、その「偏見の目」は、根強く意識の中に染み込んでいます。私は、そんな生きにくさを感じている人や、苦しんでいる人、そしてその家族の方々に前を向き、歩んで欲しいという思いから、「生涯教育あおば会」を立ち上げました。私たちに出来ることは、小さな事かも知れません。日本の潜在意識を変えるほどのことは、出来かもしれません。しかし、大きな一歩を踏み出す為の「小さな一歩」の手助け、役割は、果たせると自負しています。
様々な活動・イベントを通じて、皆さん是非、「不登校・ひきこもり」について知って欲しいと考えています。

ロゴマーク

生涯教育あおば会の役割は、一人でも多くの方の将来を切り開くことです。今の自分を変えたい……その大きな一歩の為の小さな一歩を担っていきたいと考えます。 「高認」(高卒認定試験)取得講座
不登校・ひきこもりの方への学習支援ボランティア団体「あおば会」 ボランティア活動不登校・ひきこもりの相談・支援通信高校のサポート校としての学習支援

Copyright ©一般社団法人生涯教育あおば会 All rights reserved.